仙台 美容師 aries ブログ ヘアスタイル 美容室 経営 マーケティング イノベーション ヘアメイク

kAnNoBloG |仙台 美容室 HAIRMAKE aries|

HAIRMAKE aries / 菅野正規 / 仙台 / 美容師 / 経営視点で考える美容室 / 平社員美容師

特化と多様化 -Specialized and Diversification-

f:id:masakikanno1203:20160107081902j:plain

今売れる美容室とはどのような店なのか?
この先売れる美容室とは??

やはりヘアスタイルを作品として売る以上は

「技術のうまい店」

が生き残らなければ嘘だと思います。


つまり「本質を追求した店」であってほしいですね。


本質を追求するにあたり「ヒト・モノ・カネ」をどのように運営し、スタイルを確立するのか?

一つの技術、ヘアスタイル、サービスに特化した人材の集まるサロンなのか?
技術、接客、すべての能力においてバランスよく平均点の高い人材が集まる多様化サロンなのか?





特化サロンはサロン全体での集中した教育とブランディングによって徹底した打ち出しを行うことで、そこにしかない価値を生み出しそれによって集客を行なえることが魅力です。突き詰めることで価値を高めていける分、やることがよりシンプルになっていき、さらに競合がいない分野で特化してしまえば戦わずして勝つことができます。また、受け入れる顧客もその店唯一の価値を求めて来店するため、顧客満足に達する水準を維持できれば囲い込みが容易です。しかし教育面での負担が多大に増えるため先導するリーダーの存在やシステムの構築に時間を要するリスクがあります。


多様化サロンは全員の平均点が高いパターンもあるとは思いますが、僕が考えるには人材の一人ひとりが自分の長所短所を理解し、そこに価値を見出して個人特化していることで結果的に店の中に様々なブランディングが生まれ多様化につながる。というものです。
個人個人の強みに着目し、それを生かすことにより組織の中で弱みを打ち消すことができ、顧客も選択の幅がよりクオリティーの高いもので広がることになります。リスク面では自分自身で必要な技術、魅せ方、接客、プレゼンテーション力など総合的なセルフマネジメントを行い数字につなげなければいけないため全員が特化した人材になることに対してモチベーションや時間、コスト面での負担が多くなってしまいます。


本質を求めるにあたってもどのようにお店を作っていくのかは重要な課題です。

個人特化型多様化サロンは実現したら面白いような気がします。


ただ頭で考えるのは誰でも出来ますし今まで様々な人が考えてきたことでもあると思います。実行に移せる人だけがチャンスを得る。

僕は頭を使う人ではなく身体を使う人を目指します。